事故

(ζ`) さんのブログにも悲しい事故の事が書かれていますが、私も昨日事故を目撃しました。

車で買い物に出ている時だったのですが、真っ直ぐな広い道で、広いゆえに駐車している車が
数台いるような道路でした。

その駐車車両の間からソレが見えた時は、もう自分が通り過ぎてしまった時で、「えっ?」と思って
横を見た一瞬だけだったのですが、路肩に身体を丸めてうずくまる男性。
お腹を押さえています。メットを被っているのでバイクに乗っていた人なのは明らか。

その男性の傍らには男性の背中に手を置いて、携帯で電話をしているもう一人の男性。
作業服を着ています。もしかしたら事故の当事者なのかもしれません。

事故現場のすぐ近くの店舗に用事があったので、私は駐車場に車を止め、もう一度見ました。

その時にはすでに救急車と警察が到着していました。

帰りに再びそこを通ったのですが、バイクは1台だけ。もう1台、止まっていたのはトラックだったと思います。
見た所バイクの損傷はないように思いました。道路にもガラスや破片は散っていません。

警察官が道路を何かを探しながらゆっくり歩いていました。
事故検証のため小さな破片などを探していたのでしょうか。

広い道路なので車列の左をそのバイクは走っていたのかもしれません。
怖いと思わず走れるくらいの広さがある道路なので。
トラックが止まっている場所には店舗があります。
そこに止まろうと左に寄せた時にバイクが突っ込んだのかは分かりませんが、倒れていた男性は
お腹を押さえていたので、ハンドルか何かに強くぶつけたのではないでしょうか。

バイクに損傷がないように見える事故でも、乗っている人のダメージは非常に大きいのが
分かります。運転していた人の怪我が軽いものだったら良いのですが・・・。

私も免許を取って乗り始めた頃より明らかに緊張の度合いや気のつけ方がぬるくなってきてるのが
分かります。

ヒヤッとした事も何度もあります。それはたまたまうまく回避できただけなのかもしれません。
慣れた頃が一番危ないと聞きますし。

運転する人も後ろに乗る人も、何かあったときのダメージは車より圧倒的に大きいのがバイクです。
「そんな大げさな事考えて乗ってないよ」と言う人も多いでしょうが、私は乗るからにはある程度の覚悟が
必要だと思っています。

もし、誰かの後ろに乗っていて、事故にあい、運転している人より自分が大きな怪我を負った時、
その人を恨んだりしたくないじゃないですか。
自分の意思でその人の後ろに乗るのだから、乗るからにはもし何かがあってもそれは仕方ないと
思える相手でないと、私は乗れないのです。
例え死んだとしても。

どれだけ安全運転に気をつけていても、相手のあるのが事故なので、公道では何があるか分からないし、
私も「そんなバカなー!」と思った事が何度もあります。

気をつけようがないのかもしれませんが、自分で減らせるリスクは出来るだけ減らすべきだと感じます。

人間は一人で生きてるんじゃない。
自分のせいで悲しむ人が生まれないためにも。
[PR]
by eo-chan | 2009-11-17 12:21 | その他


<< 日生 かきおこツー 伽耶院 >>