おいおい(怒) 3

Oさんはすぐ返事をくれた。

「本当に、HSと書いてあるのですよね。
これプラグの品番じゃなくて形状が間違ってます。」


つまり、番手を変えるならまだしも、プラグの形自体が違うというのだ。


「純正はB8ESもしくはB8EAです。
これだと、かぶるようならB7ESでもOKです。

HSとESでは、エンジンにささるネジの長さが違います。
もらって帰ってきたプラグ、ネジの深さが10mmくらいですか?
HSは13mmくらい、正しいESは20mmくらいの長さがあります。
もしネジの深さが13mmなら、本気でヤバイです。」



はい・・・確かに13mmありますともさ・・・。


「プラグの品番はバイク屋の基本です。
無事に走っていたのが奇跡です。」



交差点で止まったまま動かなくなったり、エンジンがかかりにくいのもプラグが
原因と考えるのが当然だろう。

今までの一連の出来事を思い出すと、ゾーーーッ!!とした。

今回の交差点のエンストも、私は最前列に出られなかったので、車列の途中にいた。
私に後続の車が追突していてもおかしくないし、もっと言えば、私が止まったために
止まった後ろの車に、そのまた後ろの車が追突してもおかしくない状況だったのだ。

幸い、そういうことはなかったし、車は私を避けて行ってくれたので何とかなったけど、
あんな思いをするのは二度とゴメンだ。

まだ私はDTの特徴に慣れていない。
乗りこなしてもいないし、そういう意味では全然ヘタっぴだと思う。
エンストだって何度もあるだろう。

でもエンジンがかからないのが一番問題なのだ。
押して逃げるしか方法がなくなってしまうから。
大きな交差点だったら、本当に私が原因の事故が起こってもおかしくない。

とにかく、このプラグをDTに使うのは「無謀、有り得ない、プラグの品番を
間違えるなんてメカニックとして致命的」という事だ。

最悪、エンジンが壊れる事もあるらしい。

「近所にYAMAHAのショップがあるのなら、そこで出来るだけ早くプラグを交換してもらってください。」

明日すぐ行きますともーー!!!!

とにかく、今までDTも私も無事だったのを神に感謝しつつ、翌朝を迎えるのだった。
[PR]
by eo-chan | 2007-12-29 00:22 | DT50


<< おいおい(怒) 4 おいおい(怒) 2 >>