カテゴリ:DT50( 18 )

さよならDT

エンジンを積み替えたらしいDTちゃんをお迎えに行ってきました。

お嫁入り先が決まっているので、私がDTちゃんに乗れるのは(移動日以外)最後です。
お天気も回復したし、呑吐ダムに行って、写真撮って別れを惜しもうと思ってました。

ダムに着くと、顔見知りの人達がやってきました。
「おっ、なんや今日はバイクが違うやんか。」

実は数週間前も、ここに来ようと走らせていたのです。
ところが峠道でいきなりエンジン死亡。自走不可能になり、バイク屋のトラックで引き取られて
行きました。

最後の最後にここに来れた、と思っていたら、中の一人が
「なんや、こんなところからオイル漏れてるで。」

えっ?と思って見ると私のパンツもドロドロ(!)
まあ、DTちゃんに乗る時には、オイルがつくので汚れたシャカパンを履いていたので
それは良いのですが。

丁度、サイドカバーのある部分を外すと、えらいことになってました。

マフラーのつなぎ目から大量のイカスミのようなオイルが漏れ出して、カバーの中も
ゴテゴテのドロドロに。

前はこんな事なってなかったよ?

おまけに。


キックペダルの先端を止めてるネジもない!!!

ここから長い聞くも涙話すも涙の物語
[PR]
by eo-chan | 2008-04-11 22:50 | DT50

DT クラッチレバー、プラグ交換

キングオブチキンのクセに、スクールのバイクについてるギアのランプを今まで見て
走った事がないeo-chanです。こんばんは。(自虐から始めてみました)

今からギアのランプの色、確認して覚えます。遅すぎます。

さて、落ち込んでいるヒマはない。
DTのクラッチレバーを交換しに行かねば。

雪の降る、チョー寒い中、張り切って買ったナンカイのオーバーパンツを履き、
モコモコに着こんで出かけました。

バイク屋につくと、先日のオニーちゃんが、
「レバー、自分で換えます?」と言った。

おおーーーい・・いきなり冷たいね。

それはあんまりかと思ったらしいオーナーが、「○○、レバー持ってきて。換えてあげるわ。でもなあ、これ換えてもクラッチの切れが微妙なのは変わらないよ?」と言いつつさっさと交換してグリスも刺してくれた。

グラグラはなくなったけど、重たい・・。

「まあ、ちょっとだけマシになったかな。レバーが重たいのは、ワイヤーも古いからかも。
ま、こんなもんですから。」

ワイヤーまで換えないでもいいって言ったやん(ニーちゃんが)。
もうこれ以上なんやかやとここに来るのはイヤッ。

向こうもそう思っているらしく、
「まあ、もう早く免許取ってバイク買いかえなはれ。次のバイクもまた言ってね。」

だって。

あんたが整備して売ったんでしょ~~?
つか、もう買っちゃったもんね。
(この店は新車は販売しないので、不義理ではございませんことよ。ほほほ)

あ~はいはい、お手数かけました有難うございました~と言って、バイク屋を後にした。

もう一軒、バイク屋に行かねばならぬのだ。

実は、あれから年末YAMAHAで交換したプラグが再び違うことをOさんに指摘された。
本当は「B8ESもしくはB7ES」
今入ってるのは「BPR6」

プラグのネジの長さは同じなのだけど、やっぱり適切なプラグじゃないということだ。
それを朝、電話してみた。

「えっ?あ~~~そっちかー!(←おい!)ちょうど店にありますわ。Rがついてるヤツ
やけど。換えますわ。ごめんなさいね。」

という事で、その足でYAMAHAに行った。

プラグを外すと黒くなっていた。「ちょっと燃焼してるね。B7ES-Rに換えました。
でも下り坂やったらちょっと影響があるかもしれない。今寒いしね。」

ん~~・・・このあたりって上りか下りしかありませんけど?(汗)

上り坂でエンストしたらかからない、というのも、もしかしたら関係あるかも、とも
言われた。

何度もごめんなさいね、と言ってくれたので、もうヨシとしよう。(もちろん無料で交換)
帰り道は特に変化はわからなかった。
クラッチは相変わらずガクッ!と繋がるし。

YAMAHAで調べてもらったら、うちのDTちゃんは1992年製だそうだ。
16年以上経ってるバイクだし、あちこち悪いのは仕方ない。

寒いけど、出来るだけ乗らないと、とは思う。
しかし交差点でのドキドキは、正直しんどいなあとも思う。

まあ、今日は一度もエンストなかったし。天気が良い日は出来るだけ乗ろうと思う。
実は明日から3日間、朝から晩までバイトなのだ。
車で40分ほどの場所なのだけど、バイクで行こうかな~~~とも思ったが、
帰りが夜になるし、もし途中で立ち往生したら・・と思うと、どうしても遠出する勇気が
出ない。

こんなヘタレじゃダメだなあ・・・。
今度は上り坂でわざとエンストさせてみて、エンジンかける練習しようっと・・・。
[PR]
by eo-chan | 2008-01-17 22:26 | DT50

DT クラッチレバー交換交渉

今日は夕方バイク屋に行ってきた。
交渉担当のKちゃんとお店で待ち合わせ。

「こんにちは。今日はどうしたんですか?」と若いニーちゃんの店員。

かくかくしかじかで、プラグの番手も形状も違ってたので、YAMAHAのお店で交換した。
だからキャブレーターの調整をしてくれ、と頼んだ。

「キャブレーターは調整いらないっすよ。え~~プラグ違ってたんですか?
前のん、持ってますか?」
と言われた。

キーー!アタシを疑ってるわねっ!

「今日は持ってません。でも確かに違ってたんです。」

わざわざプラグを外して「ほんとですね。もしかしたら、最初にエンジンがかからないって
自宅までうかがった時に、ボクが間違えたのかもしれません。
その後、そのプラグをもとに、スクーターのヤツに換えてしまったのかも。」

うーーん・・・。
今となっては本当はどうかなんてもう分からないけど、違ってたのは違ってたのだよ、ニーちゃん。

チェンジが入りにくいというのと、エンストしたらキックしてもかからないのは変わらないと
言うのを訴えた。

「クラッチはね~、これくらい微妙なのは仕方ないっすよ。
これはワイヤー換えて変わるとは思えないです。今ボクがこうやって握ってても
ワイヤーが劣化してるようには感じないんですよね~。
坂道でクラッチのクセを覚えてもらうしかないかなあ。エンストするとかからないのは、
やっぱりある程度アクセルを回してるから若干でもガソリンをかぶってしまうからなんです。
エンストしないように、多めに回して、半クラを上手に調整して出てもらうと、ほら、
ガックンってならないでしょう?」

お店の前の坂道でニーちゃんはやってみてくれた。

あのね~・・。技術が違うのよ~~。

慣れてもらうしかない、の一点張り。

「じゃあ、せめてグラグラのレバーを換えて」とお願いした。

「確かに多少はクラッチが切りやすくなるかもしれませんね。
2000円くらいで出来ると思うので、じゃあ、レバーを取り寄せましょう。」

結局、私がこのDTのクセを把握してそれに合わせて乗れてないってことなのよね。
それは分かってるんだ。

16年以上前のバイクだけど、アイドリングは綺麗だし、朝一発のエンジンも気持ちよく
かかってくれる。
走っていても問題ない。ただ発進の時とギアが入りにくいという事さえ目をつぶれば
充分なんだと思う。

自分の腕の無さを少しでも新しいレバーがカバーしてくれるのなら、それでいいや。

こうやって書いていて、ちょっと気がついた。

今日は帰り道に普通にエンストしてしまったのだけど、一発でエンジンがかかった。
それは平地だった。

ところが、エンストした後復帰できないのは、よく考えたら坂道の時だ。
お店でも、ニーちゃんがわざとエンストさせた時は、坂道だったので一度はかからなかった。
(その後上手にかけてたけど)

エンジンがかかりにくいのは、坂道と何か関係があるのかな?

平地でエンストしてかからなかったのは、以前の間違ったプラグのせいだと思う。

Oさ~~ん・・なんかあるんでしょうか?(ここで問いかけるか)


さて、明日は見極め。頑張ろう。
[PR]
by eo-chan | 2008-01-09 20:50 | DT50

おいおい(怒) 4

翌朝、Kちゃんに電話をし、説明した。

「そうか~。そしたら私も着いて行ってあげるわ。お店で待ち合わせしよう。」と
言ってくれた。Kちゃん、ありがとう!

YAMAHAのショップは、DTを買ったバイク屋と、自宅からの距離は同じくらい。
昨日、怖い思いをした交差点も通らなくてはならない。

不安を覚えつつ、DTのエンジンをかける。
いつものように、チョークを引き、何度かキックをしたらなんとかかかった。

走り出してしまえば、なんともないのだけど・・。

問題の交差点を右折。
図で言うと、「右折してこちらへ行きたい」と書いた道を逆に走り、交差点で右折。
図では分からないが、結構な上り坂になる。

なんとか右折し、坂道を登りだす。

信号が赤に変わる。
坂道発進の形なのだけど、ここでもエンジンストップ!!!

「ひえーーー!」と叫びつつも、幸いにも左車線の左端にいたので、車の邪魔になることは
なかった。

でも坂道。
おまけにキックしてもやっぱりエンジンがかからない。

もう押して歩道に逃げるしか方法はない。

くおおお~~~!と押すが、坂道なので軽いDTでも、ものすごく重い。
歩道に乗り上げる段差で倒しそうになった。
「こんな時、重たいバイクだったら絶対絶命だ。」と実感した。
たぶんZZR400だったら押せないし、転倒していたと思う。

なんとか押し上げて歩道の安全な場所に止め、呼吸を整えた後
再びキックをするが、やっぱりダメ。
何度やってもダメ。

あと少しでバイク屋なのに!!!Kちゃん待ってるのに!!!

焦ってもダメなもんはダメ。
結局、その交差点から左に曲がると下り坂になっているので、
「おまわりさんに見つかりませんように!」と祈りつつ、歩道を押しがけ。

なんとかエンジンがかかったので、Uターンし、再び止まった交差点に戻った。
(今度は左折する形)

今度はもう止まるもんか!とアクセルをふかしぎみにして、乗り切った。
YAMAHAのショップに到着すると、Kちゃんはもうすでに来ていて、あらかじめ
事情を説明しておいてくれた。

オーナーがすぐプラグを見てくれた。
一言、
「全然違うのが入ってるね。」

そら見ろーーー!!!!(怒)


「まあ、良い方に見ると、2ストでも水冷と空冷ではプラグが違うから、それを
間違ったかな。カタログの見間違いやな。」

プラグを正しいものに変えてもらって、エンジンをかける。

やっぱり一発でかかるし、「念のため、近所一周走っておいで」と言われ、
簡単に走ってみたが、低速でも安定して、停車してもエンストはなかった。


「確かに、ギアは入りにくくなってるね。1速とニュートラルが特に。
クラッチレバーも不安定になってるし、クラッチワイヤーも換えた方がいいかも
しれない。
でももう年始まで部品は入ってこないから、どっちにしても今は何も出来ない。
だからこれでとりあえず走ってみて、年始にまた来て。」
と言われた。

Kちゃんとは店で別れ、そのまま大人しく家に戻ったが、何の問題もなかった。

数日、帰省するのでDTには乗れないけど、年始は調子よくエンジンがかかって
くれたらいいな。

中断しているスクールも、1月には行きたいと思うし、できれば免許も取れたらいいなと
思う。

来年、楽しく安全にバイクに乗れますように。

皆様来年も私のヘッポコぶりにドキドキハラハラするでしょうが、どうぞよろしく
お願いします。
[PR]
by eo-chan | 2007-12-29 00:50 | DT50

おいおい(怒) 3

Oさんはすぐ返事をくれた。

「本当に、HSと書いてあるのですよね。
これプラグの品番じゃなくて形状が間違ってます。」


つまり、番手を変えるならまだしも、プラグの形自体が違うというのだ。


「純正はB8ESもしくはB8EAです。
これだと、かぶるようならB7ESでもOKです。

HSとESでは、エンジンにささるネジの長さが違います。
もらって帰ってきたプラグ、ネジの深さが10mmくらいですか?
HSは13mmくらい、正しいESは20mmくらいの長さがあります。
もしネジの深さが13mmなら、本気でヤバイです。」



はい・・・確かに13mmありますともさ・・・。


「プラグの品番はバイク屋の基本です。
無事に走っていたのが奇跡です。」



交差点で止まったまま動かなくなったり、エンジンがかかりにくいのもプラグが
原因と考えるのが当然だろう。

今までの一連の出来事を思い出すと、ゾーーーッ!!とした。

今回の交差点のエンストも、私は最前列に出られなかったので、車列の途中にいた。
私に後続の車が追突していてもおかしくないし、もっと言えば、私が止まったために
止まった後ろの車に、そのまた後ろの車が追突してもおかしくない状況だったのだ。

幸い、そういうことはなかったし、車は私を避けて行ってくれたので何とかなったけど、
あんな思いをするのは二度とゴメンだ。

まだ私はDTの特徴に慣れていない。
乗りこなしてもいないし、そういう意味では全然ヘタっぴだと思う。
エンストだって何度もあるだろう。

でもエンジンがかからないのが一番問題なのだ。
押して逃げるしか方法がなくなってしまうから。
大きな交差点だったら、本当に私が原因の事故が起こってもおかしくない。

とにかく、このプラグをDTに使うのは「無謀、有り得ない、プラグの品番を
間違えるなんてメカニックとして致命的」という事だ。

最悪、エンジンが壊れる事もあるらしい。

「近所にYAMAHAのショップがあるのなら、そこで出来るだけ早くプラグを交換してもらってください。」

明日すぐ行きますともーー!!!!

とにかく、今までDTも私も無事だったのを神に感謝しつつ、翌朝を迎えるのだった。
[PR]
by eo-chan | 2007-12-29 00:22 | DT50

おいおい(怒) 2

c0140460_114423.jpg

バイク屋から自宅に戻るまでに、もっとも大きな交差点。
片側2車線の三叉路のようなつくりで、横断歩道もあり、中央には中央分離帯と緑地。
ちょっと複雑なつくりになっていて、原付も2段階右折は禁止。
当然、右折レーンに入って行かなくてはいけない。

日もとっぷり暮れ、渋滞真っ只中。
右折レーンの先頭まですり抜けていく技術も度胸もないeo-chanは、右折レーンに
入ろうとする車の後ろについていた。

信号が青に変わる。
先頭の車が動き出す。

eo-chanも発進しようとした瞬間、エンジンが止まった。

いやーーーーー!!!!

More
[PR]
by eo-chan | 2007-12-28 01:27 | DT50

おいおい(怒) 1

ここ数日、DTでアクシデント続出。
原因が分かってからは、もう脱力感で一杯です。orz

昨日、DTを買うにあたって、経験者の立場(バイク乗り)から、バイク屋さんと
いろいろと交渉をしてくれた、友達Kちゃんに、DTを見せに行こうと思いました。

Kちゃん家は、バイク屋を通り過ぎたところにある住宅地。近所近所~♪と
機嫌よくDTを動かそうとしました。

おや、エンジンかからない。
まあ、今日一回目だし。
チョークを引いてキック。それでもかからない。
Oさんに教わった通り、アクセルを開いたり閉じたりしながら、キックを繰り返し、
ようやく始動。

Kちゃん家に到着し、「まあ、お茶でも」とお家でしばしティータイム。

「DT乗ってみていい?乗れるかなあ。」というKちゃんの言葉。

待ってました。実は。

バイクに乗ってた人に一度乗ってもらって、調子を見てもらおうと思っていたのです。

「ぜひぜひ~」と言って二人でDTのもとへ。

Kちゃんは長らくバイクに乗ってません。
でもずっと2ストに乗ってたし、50ccは全然大丈夫でしょう。

「あれ?あれ?」
Kちゃんがキックをしてもエンジンがかかりません。

「このキックってこんなに軽いん?スクーターより軽いなあ。それに
エンジンかからないの、おかしいよ。」

それでも何度かやってるうちにエンジンはかかり、Kちゃんは近所一周してきたのでした。

「走り出したら快調なのに、やっぱり最初がなんかおかしいね。」

More
[PR]
by eo-chan | 2007-12-28 00:09 | DT50

押しがけ地獄と極寒練習

ようやく晴れた3連休最後の今日。
今日乗らねばいつ乗るのだ!!とDTの元へ。

2日エンジンかけてない。後からいくらでも謝るから、今は機嫌よくかかってお願い!!

チョーク引いて・・・気合のキーーーーーーーーーーーッック!!!!

・・・・・・・・・シーン。

キーーーーーーーーーーーーーッッック!!!!


・・・・・・・・・・シーン。

ぬおーー!キックキックキックキックキーーーーーック!!!

ハァハァ・・・ウソん。

あまりひつこくキックするのはよくない。
残る道は「ファイト一発坂道押しがけ」だ。

近所の魔の坂を、ゼイゼイ言いながら押して上がる。
20メートルほど上ったところで、2速に入れてスタート!

ルルルーーーー・・・・・・・パン・・・パン・・・パルルルルル・・・・

かかったーー!えらい!!

家の前まで戻った途端、プスン、と止まった。

ノーーー!!!!

More
[PR]
by eo-chan | 2007-12-24 21:57 | DT50

進展なし

ここ数日、天気が悪いことと、忙しいのでDTちゃんに乗れてない。
金曜日に外出する前に「せめてエンジンはかけておこう」と一度かけたっきり。
明日こそ、少しでも練習したいな。

昨日、夜ご飯を食べようかと思った時、電話が鳴った。

「プロショップ KIYO」(ZZR400を買った店)のOさん(営業主任)だった。

うわ!いつになったらバイク納車するの?って電話かなと思って、
「すみませんー!あれから全然進んでないんです!!預かってもらっててごめんなさい!」と言うと、

「ああ、それはいいんですよ。それより、あの日(ZZR400のお金を払った実際会った日)、結構気持ちがダウンぎみだったから、ちょっと心配になってね。」

「練習用の原チャが来るのが遅くて、先日やっと来たところなんですけど、まだ全然
乗れてない状態なんです。だからスクールも全く行けてなくて・・。
長い事ZZR400も預けてしまう状態でごめんなさい。」

「2ストは結構難しいでしょうね。慣れの問題もあるし。
ZZR400を預かってるのは、全然気にしないでください。
ボク達もeo-chanが初心者だって分かってるから、いいんです。
でも、年明けでも一度、スクール行って400には乗っておいた方が良いよ。こっちも
慣れだからね。お金は余分にかかるかもしれないけど、たまには乗っておいた方が
良いと思いますよ。」

「はい・・・そうします・・・・。」

「わはははは。だーいじょーーぶだって!!!!じゃ、頑張ってねー!!」

連絡プッツリだったしな・・「どうしてんの?」と思われるよね・・。

DTちゃんの練習は今後もまじめに続けるとしても、来年早々には免許だけでも取れたら
いいなと思っている。

DTちゃんは最初、ほんの数ヶ月練習に乗ってサヨナラしようと思ってた。
でも、ZZR400に乗れるようになっても、これで時々練習した方が絶対いいと
思うようになった。

保険や維持費もあるけど、出来るだけ手放さない方向で行きたいと思う。

さて、明日は晴れの予報。練習できるかな。
[PR]
by eo-chan | 2007-12-23 20:52 | DT50

今日も足こぎ(涙)

あまりにも白煙が出るのと、昨日の「ふっ・・・と突然死んだようにエンジンが止まる」のは、
「もしかしたらオイルが濃いのかも」とOさんに教えてもらった。

ので、バイク屋さんにレッツゴー。

寒い日だったけど、一発でエンジンかかる。
これはいいんだけどなあ・・・。

家を出て上り坂。
思い切りアクセルまわしたら「ウワアン!」とフロントが浮いた。

ひええーー!!ウィリーしたくないから!!
び・・びっくりした・・!


無事バイク屋さんへ。

あ、また来たと思ってるでしょ・・(笑)。

これこれこうで・・と説明すると、早速見てくれた。

「ん~~・・・オイルはむしろ薄い方に調整してあるよ。これ以上やるとエンジンが
壊れちゃうからねえ。
エンストは少し調整しておきましょう。
白煙は古いオイルが燃えてるから、もう少し走ったら出にくくなると思うけどなあ。」

サクサクと調整してくれて、「前よりよくなったと思うよ。しばらく乗ってみて。」と
言われた。

はいはい、そうします、とバイク屋さんを後にし、家に戻ろうとした。

長い下り坂を下って、交差点で停止。

パルパル~~と出ようと思った瞬間。

エンジンが止まった。

ひいいーーーーーーーーーーーーー!!!なんでっ!?

むきゃーー!とキックするがかからない。
うきゃーー!!!

車が次々と脇を抜けていく。
皆さんすみません~~。


昨日の悪夢再び、アスファルトも剥げよとばかりに必死の足こぎで脱出。

歩道に乗り上げて止めて、バイク屋さんに電話した。
軽トラで来てくれた店員さん。
「あれ~かからないね。店まで行きましょう。」とバイクを積み込み私も乗ってお店へ。

More
[PR]
by eo-chan | 2007-12-19 22:10 | DT50