<   2008年 05月 ( 18 )   > この月の画像一覧

美容の大敵

下のpostのエビジェイ母さんのコメントにあるように、私はロングヘアです。
クルクルパーマにしてます。答えは楽だから!(←出た、これでオバさんがばれるぞ)

とにかく猫ッ毛なので、パーマは必須なのです。
ストレートにすると「生活に疲れた主婦」になります。なので必須!なのです。
毎回、ヘアサロンの人がうんざりするほどロッドを巻き巻きしてもらいます。

皮ジャンをはおり長い髪をたなびかせ、バイクを駆る。
ひゅーーーかっこいい!!!

ですけど、しません。
普段、ダムに行くのは、がっちり三つ編みをし、ジャケットの中にIN。
ツーリングも三つ編みか、後ろで一つに束ね、ジャケットの中にIN。

それでもメットを脱ぐと髪の毛グチャグチャ ペッタンコ (T-T)

色気も何もあったもんじゃなーーーい (ノ゚ο゚)ノ ドスコーイ

おまけに威圧感たっぷりのミラーシールド。
女の子らしさゼロのメット(シルバー一色)。
ジャケットもグローブも甘さゼロ。
(だいたいグローブはレディースサイズが入らないんだもん!)
よく見ないと女性だと分からないかも~~。

ミラーシールドは紫外線カット率99パーセント!につられて買ったのです。
日焼けはお肌の大敵!
どれだけ化粧が取れようとも、バッチリメイクもしますとも。
マスカラもウォータープルーフだい。

転倒やお肌への負担を考えると、肌を出すことは極力しません。
暑くても長袖。頑張る。

髪の毛もジャケットの中に入れると熱でますますヨレヨレのショボショボになるのですが、
そんな事言ってられない。

しかし、これから真夏になったら、一体どうなるんでしょう。ぞぞぞ。

世の中のバイク乗りのレディース。頑張りましょう。髪やお肌は大切ですっ。
[PR]
by eo-chan | 2008-05-31 22:28 | その他

足つきの関係

明日からガソリンがまた値上がりするとの事。ゆゆゆゆるせーーん!
という事で、今日は雨の止むのを待ってバイク2台、車1台のガソリンを入れてきました。
そこでせっかく出したのだから、ちょっとパシャリ。

c0140460_20335078.jpg

ジジ子。バッグであまり分からないなあ。
でも足つきはベッタリ。ヒザが軽く曲がるくらいです。
ハンドル持って立ち上がるとシートとおマタの間に空間が開くくらい。

c0140460_2035943.jpg

ディー子。
両足をつけると、つま先ツンツン。
この画像はシートの一番低い場所に座ってるので、ツンツンじゃないですが
普段乗る時は前のタンクの方に寄って乗ってるのでツンツンになります。


ディー子の方が断然足つきは悪いです。
でも不安を感じないのは、車体が軽いから。あと乗車姿勢もあるかな。

ジジ子は幸い、あんこ抜きをしなくても元々のシートが低いので楽です。
ただ、姿勢は前傾になるので、下半身にあまり力が入らないと思うのは私だけ?

ディー子に乗ってると「よくそんな背の高いバイクに乗るね、怖くないの?」と言われます。
んが、全く怖くありません。
初めて試乗させてもらった時にも恐怖は感じませんでした。

やっぱり軽いからかな。
もしグラッときても、支えられると思えるからでしょうね。
背が高いけど、本当に乗りやすいと思います。ビバOFF車。
ジジ子なら怖くて行けないとまず思ってしまう場所もスイスイ~♪
狭い場所もスイスイ~~♪小回りもクルクル~♪

今後、もしジジ子のようなタイプでさらに大型に乗りたいと思ったら、やはりシートは
自分に合わせないとより危険だと思います。

なにより怖いと思って乗りづらくなってしまうだろうし。

重たいバイクはやっぱり足つきは(私には)重要だなあと感じるのです。
[PR]
by eo-chan | 2008-05-31 20:43 | その他

乗らなくなる時

日曜はツーリングに行く予定のベテランライダーチーム(私も参加予定)。

が、先約があったらしい。
ただ、その人からの連絡が現時点でないので「ないらしい。じゃツーリング行くべ。」となったよう。

その人とは、私は存じ上げないのだけど、Tさんの知り合いらしい。(女性)
その人は、免許を取って、自分が乗りたかった400ccのバイクを購入した。

でも、自宅に置く場所がない(らしい)。置く場所を確保するまでの間、知り合いのKさんに
バイクを預けた。

以前、一度ダムにやってきたことがあるらしい。
そしてみんなが見ている前でいきなりコケた(らしい)。

狭い坂道でのUターン。(そらコケるわよ。立ちゴケの王道だよ。)

それ以来、その人はすっかり怖くなって乗らなくなってしまった。
バイクを預けていたKさんはお付き合いして一緒に走るつもりだったのだけど、急病で入院。
半年のブランクが開いてしまったらしい。

で、Kさん経由で「ダムまでその人のバイクを誰かが運んで、待ち合わせし、そこで誰かが
お付き合いして練習してやってほしい。」というのがその「先約」だった。

ベテランチームは、快く了解し、誰かがKさんのお家にその人のバイクを取りに行き、
その人は車でダムまでやってくる予定だったのだけど、肝心の本人からの連絡がない、というワケ。

More
[PR]
by eo-chan | 2008-05-31 01:59 | その他

ダムに鮎?

c0140460_20552981.jpg

いつも越えていく峠道。
毛虫アタックが怖い場所です・・・。


今日は買い物があったので、車で。

珍しくダムにはたくさんの人が集まってました。

Tさんが
「eo-chan、ちょっとこっちおいで。」と呼ぶので行ってみると・・・。
c0140460_2056422.jpg

なんとーー鮎ですよ鮎!!!


ダムやダムに流れ込む川には、鮎が自生しているようです。
(決して綺麗な川やダムじゃないんですよ)
まだまだ小さいのですが、ものすごくたくさんいるようで、それを知ってる人はもうチラホラと
川で釣りをしています。

TさんはSさんと一緒に去年は相当の鮎を釣ったそうです。
(ここは管理水場じゃないので、入川料もいらないんですよ~。ふふふ。)
すごーーい。
私も釣りたい!!!
[PR]
by eo-chan | 2008-05-30 21:01 | その他

首が・・・

今日は仕事で「都会のビルと緑」という組み合わせで写真を写す必要がありました。
(eo-chanはカメラの仕事もしてマス)

都会、といえば三宮。旧居留地界隈なんかだと綺麗なビルがあるかな。
街路樹も大きい方が綺麗。
車で行くと路駐が出来ないし、何かと大変。

ここはやっぱり「機動性のバイク」っすね!!(笑)

ゴチャゴチャした町にはディー子ちゃんでしょう、と今日のお供はディー子ちゃん。
ご近所ライダーのTさん家を通りがかり、お庭の手入れをしていたTさんにその話をしたら、
「ほな、ワシも行ったるわ。」と。

Tさんにお付き合いいただいて、撮影は無事終了。
「時間もまだあるし、ダム行こうか。」という事でそのままダムに。

ディー子の時には私はアウトドアメーカーのバッグを背負ってます。
たすきがけできるベルトが一つついていて、ずれないようにウエスト部分にもベルトがついてます。

それに仕事用に使うカメラを入れまして、背負ってみたら、お・・・重たい。
カメラの重量は標準レンズをつけた状態でだいたい2キロ弱。
万が一を考えて「メモリーフォーム」というクッション素材でくるんで入れてます。
他にはお財布程度。

60キロくらいで走ると、バッグが後ろに引っ張られ、たすきがけしているベルトが
せり上がってきます。

今日はナイロン生地の上着を羽織っていたので、ツルツルツル~と滑ってずり上がって
くるのです。
バッグは引っ張られるので、自然と首が絞まる状態に・・・(汗)。

おりゃ~~!と走りつつも「ぐぐぐ・・・ぐるじぃ~~~!」となってました。

やっぱりこのカメラは持って歩くもんじゃないなあ・・。コンデジバンザイです。
(↓昨日の画像はそのカメラで撮ったものです)
[PR]
by eo-chan | 2008-05-27 21:51 | DT125

恐怖のムシムシアタック

c0140460_23123376.jpg

いつものコンデジじゃなく、別のカメラで撮ったお花さん。


この季節、緑が綺麗です。
いつもダムに行くのに抜けていく峠道も、緑のアーチのように木々が道に覆いかぶさり、
暑い(熱い?)バイクライフに一時の涼しさを提供してくれます。

んが。

こういう山道を通ると恐ろしいのは、上から垂れてくる「あの方達」。
そう毛虫芋虫系です。きゃ~。

こちらは最低でも40キロほどのスピードで走行中。
ハッ!と気がつくとすぐ目の前にブラ~ンと垂れ下がった彼らが。

目のピントが合ったときにはもう遅い、というタイミング。
「うひゃあっ!!」と首をすくめて避けますが、もし避けられなかったらと思うと、ゾ~ッ。

普通に道を走っていても、「パチン!」と虫が当たってくることが多くなってきました。

いや、正確には私が虫に当たりに行ってるだけなんですけどね・・・。

コガネムシくらいの虫になると「バチッ!!」と音がするので、もう怖いったら。

ジジ子のフロントまわりにも一杯虫虫アタックの跡がつくようになりました。

車体もメットも、後から綺麗に拭けばいい話なんですけどね。

でも、やっぱりアレだけは。目の前ブラーン、だけは引っかかりたくないと心の底から思います。
[PR]
by eo-chan | 2008-05-26 23:11 | その他

バイクは楽しい

c0140460_22315629.jpg

ゴールドウィングと。お父さんと娘のようだ・・(w

今日は昼からお天気が回復。明日も晴れの予報。

でもバイクには乗れない。仕事だから~~るるる~~~・・・。

今まで「バイクって楽しい?」と聞かれると答えに窮していた。

私にとってバイクとは「乗ってみたかった」もので、実際乗ってみたらとにかく緊張する。
立ちゴケしたり、ヒヤッとしたり、怖い経験をいくつかしてくると、「乗ろう」と思うととにかく
緊張。

最初の頃は、緊張のあまり、明日乗ろう、と思うと前の夜から眠れなかったくらい。
バイクでお昼を食べに行っても、お腹も空かない、喉も通らない。
帰りにどうやってお店の駐車場から出たらいいんだろう・・そんな事で頭が一杯だった。

怖い怖い怖い・・・。

それを放置しておくと「乗れなく」なりそうで、「乗らなきゃ」と思って乗ってきた。
ツーリングに誘われたら、とにかく時間があれば参加するようにして、その中で自分が
目指す乗り方を考えたり試してきた。

どこまで行っても「楽しい」になかなか結びつかない。

でも今日は思ったんだ。
「あ~~お天気なのにバイク乗れない」って。
やっと「乗りたい」って思えるようになってきた。^^

(そしていつの間にやら、ツーリングに行くとお腹空いた~♪と普通に食べられるように・・^^;)
[PR]
by eo-chan | 2008-05-25 22:36 | その他

ドライバーの視線とライダーの視線

c0140460_2384717.jpg

我が家から三宮に行こうと思うと、メインとなる道路。
国道428号線、通称「有馬街道」。*有馬温泉はこの道沿いにあります。
見てもお分かりかと思いますが、結構なクネクネ峠道。昔からある道路なので道幅も狭い。
おまけに宅地開発で昔よりずっと増えたこの辺りの人口。時間帯によりますが、渋滞が多いです。
今日もこうやって渋滞中。私は車で仕事先に行く途中です。
c0140460_23111843.jpg

車列の横を結構なスピードで走りぬけていくバイク達。
「こんな狭いところを?」と思うようなところでも、大型バイクもスクーターも抜けて行きます。
ガードレールとバイク、そして横の車との間の余裕はほんの数センチというところでも。
車幅感覚が優れてるんだな~と関心することしきりです。

時にはヨロッとする事もあって、車のこちらがドキッとかヒヤッとかする事も多いのです。
また突然「バルルン!」と横を抜けて行かれると、びっくりします。

ナンと言ってもバイクの利点は機動性、と言われます。
が、私は初心者というのもあり、また、教習所でもいわゆる「狭路」と言われるジャンルが
全て苦手でした。(クランクや一本橋ね)
なので今でもすり抜けはよほど道が広くないとしませんし、車列が流れている時にはしません。
(というか怖くて出来ない。)

私はずっとこの道を車で走ってきたので、ドライバーの視線で見てしまいます。
雨の日も風の強い日も、横をバイクが走り抜けていくのは、正直怖いです。
もし、自分の車で引っ掛けてしまったらと思うだけでぞっとします。

前をバイクが走っていて「遅いなあ」と思っても道が狭いため抜くこともできません。
もし、自分が抜こうとした時、バイクが膨らんできたら、と思うので、広い場所に
差し掛かるまで出来る限り抜くことはしないのです。


私もバイクで何度か走りましたが、渋滞をしていても車列の中にいます。
そんなに急ぐことでもないし、急ぐなら渋滞を見越して早めに出るようにします。

帰りは上りになるので、渋滞がしんどいな~と思うとかなり遠回りになりますが
もう一本の道を帰ります(そちらは同じ坂道だけど、道幅が広くて走りやすいのです。)

今日、出掛けに事故現場に遭遇しました。
おそらくレンタルビデオ屋さんから出てきた車に、50ccバイクが突っ込んだと思われる事故で、
通りがかった時には救急車が到着していてライダーの姿はありませんでした。
傍らにはぶつかったと思われる車とドライバー、話をしている警察官。
前部分がメチャクチャになったバイクの横にはヘルメットが置いてありました。

どれくらいのケガをしたかは分かりませんが、無事ではなさそうです。

今日は丁度その時間から小雨が降りだしたので視界も悪かったと思います。
バイクがすり抜けをしていたのか、それとも左側を直進している時に車が左右を確認せず
出てきたのかはわかりません。

バイクに乗って、初めて分かる事、
ドライバーからは自分は小さく遠く遅く見えている事。
交差点で右折待ちの車には特に用心しています。
教習所の教官にも「右折の車は必ず曲がってくると思っているくらいでいい。」と言われてました。

ライダーが怖いと思うような運転はしないこと、ドライバーが怖いと思うような運転もしないこと。
出来る限り自分が事故に巻き込まれるような運転はしない事。

すり抜けは便利だけど、やっぱり危ない。(なにより法律違反です)
すり抜けをしないだけで防げる事故は多いと思うのです。

当たり前ですが事故が起こったら、ライダーの方のダメージが大きいのは確実ですから。
今日事故にあっていた人が無事だったらいいなと思いつつ。
[PR]
by eo-chan | 2008-05-24 23:36 | その他

タンクバッグ交換

c0140460_21102938.jpg

タンクバッグ、便利ですわ。


ジジ子のタンクバッグは「デグナー」のもの。
2月の納車後、すぐこのタンクバッグを買いに行ったのです。
(そして路上初立ちゴケ・・とほほ)

ところがマグネットよりキズがつかない吸盤にしたのですが、すぐ取れてしまうのです。
「ふむ~~~っ!!」と力任せに押し付けても、バイクの振動でスルリ・・と。

幸い、バッグにはベルトもついていて、それを巻きつけているので、走行中に吹っ飛んで行く
というのはないのですが、ふと気がつくとタンクの横でブラブラ・・・。
うきーーー!とムキになってギューギュー押し付けても、またブラ~ン・・・。

(T-T)ウッウッウッウッ・・・・。

たった数ヶ月で、こんなにくっつかないなんておかしい~~と、メーカーに問い合わせして
みました。

現物を送ってほしいというので、バッグを送るとすぐにお返事が。
「吸盤のくっつきが若干弱いので、他品と交換します」とのこと。

そしてすぐ新品の同じタンクバッグがやってきました。(それが↑の画像)
吸盤は問題なくくっつきます。吸盤が不良品だったのね。やれやれ。

私は「デグナー」のデザインが結構好きで、他にジャケットもチャップスも全てデグナーです。
こういう対応もいつもすごく迅速丁寧なのです。良いメーカーさんだ。


サイドバッグをつけているので、タンクバッグはいらないのですが、地図を入れる部分に
ガレージのリモコンやガソリンスタンドのカードを入れておくと、すぐ使えて便利なのです。
c0140460_21213679.jpg

ZZR400のどこが好き?と聞かれたら、この流れるようなフォルム、でしょうか。
ことさら戦闘的(笑)でもなく、鈍重でもない、エレガントな美しいラインだと思うのです。
(ってアタシだけ?^^;)

なかなか女性でZZR400に乗ってる人はお見かけしないのですが、女性にもとても似合うと
思うのですよね。
[PR]
by eo-chan | 2008-05-23 21:23 | ZZR400

魔の坂 ファイト一発!

えーと、まず何回か登場する「魔の坂」をご紹介しましょう。
c0140460_20552128.jpg

我が家から出てすぐ左折すると坂が始まります。

c0140460_20555299.jpg

はい、ここ見通し悪いですよ。
カーブミラーがありますが、ほとんど見えません。

c0140460_20562874.jpg

見通しの悪いカーブを曲がると、はい、ここです。
以前私がジジ子でトラックを避けた途端、思い切りコケたところです。


え?
「ここでエンスト!」って書いてあるけど・・って?

ええ、今日やっちまいましたの。久々ですわ。ほほほ。

More
[PR]
by eo-chan | 2008-05-21 21:14 | DT125