形状には理由がある

下のpostのコメントで、ぷーままさんが
「私は、この手のハンドルではカーブを切れないので乗れましぇ~~ン。」
とコメント寄せてくれました。

確かに、私も最初は「怖い~!」と思ってました。
アップハンドルやバーハンドルよりキュッと切れるセパハン。
前のめりになる姿勢。

とにかく下半身に力が入らないので不安定で怖くて怖くて、そしていきなり立ちゴケ2回(涙)。
ジジ子を傷モンにしてしまいました・・とほほ。

「怖い」と思った理由は、前傾姿勢になるとどうしても背筋や腹筋が男性より弱い女性は、
ハンドルに力をかけてしまいます(腕がしんどいので体重をハンドルにかけてしまう)。

そうするとセルフステアが効かないので、よけいに不安定。ガッチガチになり、首や腕、
背中が痛くなってきます。

また、しんどいために背中が弓なりになり、首が上がり、顎を突き出してしまう、
「女の子乗り」(と呼ぶそうですヨ。失礼しちゃうわ。)になります。

上半身には力が入ったまま、下半身は不安定で、結局危険なのです。
カクッと切れ込むハンドルなので、力が入ると余計に切れ込んでしまい、結局
フラフラとした運転になってしまいます。

ZZR400は同じセパハンでもスーパースポーツタイプのバイクよりは
ずっと楽なハンドル位置なのですが、気を抜くとしんどい「女の子乗り」になってしまいます。

今日は、それを意識して、徹底的に「腕の力を抜く」をやりました。

時間の都合も合ったので、ご近所ベテランライダーのTさん先導で、幹線道路から
1本外れた、旧道を通って呑吐ダムに行きました。

旧道はクネクネの峠道。「女の子乗り」をすると一気に疲れてしまいます。

ニーグリップを意識し、出来るだけ右腕だけで運転するようにしました。
いきなりは危ないと思うので、急カーブの部分は両手で持って、普通に運転。
その時には加速減速はメリハリつけて。
Oさんに以前教わったように、フロントブレーキをきちんとかけ、前輪が沈みこむのを
感じるようにし、カーブをスムーズにまわるように意識しました。
(リアブレーキばかり使っていたので、これも練習)

少しゆるやかな広い道に出ると、左手を離し、右手だけで運転。
右手もアクセル操作だけにし、極力力をかけないようにします。

ニーグリップがちゃんと出来てないと安定しません。
カーブも腕には力を入れず曲がろうと思えば自然と内側のステップに力を入れて、
外側の足はタンクを押すようにしないといけないのです。

腕が邪魔しない分、意識しやすいしやりやすい。
自然にバイクが曲がっていきます。


もう一つ、私はチェンジがヘタだと思ってるので、できるだけ回転をあわせつつ、
クラッチなしの加速、減速チェンジをやってみました。

これらをやると姿勢はおのずと「正しい姿勢」になります。
骨盤を立てて座り、後ろに加重をかけ、背中を少し丸めるように。
ニーグリップはきっちり。
顎を引いて上目づかいで少し伏せた姿勢。

呑吐ダムにつくまで、出来るだけやってみました。

やっぱり楽。
バイクによって乗車姿勢は違うけど、それぞれ正しい姿勢で乗ることが結局
一番しんどくないのだと思います。
ステップの位置やタンクの形状も、乗りやすいように作られているのだと感じます。

多少、腹筋や背筋は必要ですが、下半身を意識するだけでもだいぶん違います。

帰りは普通に両手で運転しましたが、なんて楽なの(笑)と思うほど。
チェンジもだいぶんスムーズに出来るようになりましたヨ。
スパンスパンとチェンジできるとショックが全くなくてオートマのようで気持ちいいです。
いつも出来ることじゃないけど、意識して乗るだけでもずいぶん違いが出ます。

市街地でも私は最初はかなりダラダラと引っ張る運転をしてたと思います。

最初は怖かった旧道の峠道も、余裕までは行きませんが怖くなくなりました。
[PR]
by eo-chan | 2008-03-18 22:13 | ZZR400


<< ツーリング 豊岡 ドレスアップ終了 >>